硬質アルマイト・高硬度アルマイト

シュウ酸硬質アルマイト(硬質アルマイト)

(硫酸液を用いない硬質アルマイト処理)

皮膜内に硫黄分を含まない皮膜になり、半導体製造装置等におきまして妨害物質の放出等が発生しにくい
クリーンな皮膜です。真空下で使用しても、放出ガスの発生量は硫酸皮膜と比較して減少します。

 

シュウ酸硬質アルマイトの特徴

 

1.硬度
 硫酸硬質アルマイトよりも硬度が上昇します。
 硬度はビッカース硬度計にて400〜500HV程度の値となります。
 (アルミニウム合金種により異なります。)

 

2.クリーンな皮膜
 皮膜に硫黄分を含ず、半導体装置等にご採用頂いております。

 

3.放出ガスが少ない
 真空下でも皮膜からの放出ガスが少ない皮膜となり、真空装置でのご採用頂いております。

 

4.表面粗さ
 硫酸硬質アルマイトと比較して、表面粗さは抑制することが可能となります。

 

5.耐候性
 高い耐候性を有し、屋外での使用においても色調変化は殆ど見受けられません。

 

6.皮膜の安全性
 食器関係(家庭用の鍋ややかん)にも使用していることから、安全にご使用頂いております。

 

7.外観色
 自然発色でゴールド色の仕上がりとなり、美しい外観を与えます。
 ※合金種により、発色の違いがあります。

 

    
シュウ酸硬質アルマイト@        シュウ酸硬質アルマイトA

 

※マスキング
 生地の状態を保護(マスキング)をすることにより、寸法公差外の防止やアース用途の使用等にも対応
  させて頂きます。


関連ページ

UAコート
特徴:耐摩耗性
UFコート
特徴:潤滑性アルマイト、滑り性
タフマイト
特徴:耐食性、樹脂複合アルマイト
ユニマイト
特徴:導電性アルマイト、静電気対策、抗菌性
ケプラコート
特徴:プラズマ電解、ダイカストに最適、湯流れ模様隠蔽、白系・黒系に対応
硬質アルマイト加工サイズ一覧
硬質アルマイトの色調加工サイズ一覧

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 製品案内 会社案内 教科書アルマイト アルマイトQ&A お問合せ