「陽極酸化皮膜加工技術」及び「陽極酸化塗装複合皮膜」JIS表示認定工場・ISO9001認証工場

会社紹介

会社紹介

誠実を基本理念に表面処理一筋

弊社は、1948年の創業以来一貫して、アルミニウム材の表面処理を一筋に人々の暮らしと産業の発展に
寄与すべく、技術向上に努めてまいりました。
弊社の加工技術は、1972年にH8601(陽極酸化皮膜)、1982年H8602(陽極酸化塗装複合皮膜)の
JIS表示許可を、いずれも業界第一号として認定いただいております。そして、大阪府からも1980年、
品質管理推進優良企業として知事表彰を賜り、1992年には、堺市中小企業合理化研究モデル工場として
のご指定も受けました。
設備投資に関しましては、1998年2月に三重工場縦吊り大型ラインを新設。2005年10月には同場所に
三重硬質工場を新設致しました。2014年4月には本社に板アルマイトラインと板自動倉庫及び形材倉庫を
兼ね備えた、最新鋭設備工場を新設、計画的な設備投資により常に安定した製品供給が出来る体制作り
に務めております。
  板アルマイト工場     板自動倉庫
品質に関しましては、2002年に三重工場にてISO9001を認証取得から2007年までに全工場において
ISO9001を認証取得、2008年には新JIS規格を取得、更なる品質向上維持に努めております。
又、アルミ建材、輸送機器、電気・電子製造装置、家電製品部品、設備機械部品など、多様化する
アルミニウム・マグネシウム合金の表面処理用途に対し、独自の新技術による表面処理開発を進め、

高品質な技術の提案・提供することにより新たな用途開発にも貢献しております。
  試験研究室


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 製品案内 会社案内 教科書アルマイト アルマイトQ&A お問合せ